謎解きの英文法 動詞

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

謎解きの英文法 動詞編が発売された。このシリーズは全て持ってるが、今回の動詞編は主に英語講師にとって痒いところに手が届く優れものに仕上がってる。生徒が授業中に質問してくるツボを見事におさえてるのである。 他動詞は受動態を … Read more

カテゴリー: books, IT学習ツール | コメントする

英和辞書ならジーニアス第5版(机上版)

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

スマホが隆盛を極め、大学受験でも資格試験でも紙の辞書や電子辞書を持つ人が減ってきた。知らない単語はスマホのgoogleで検索し、weblioで意味だけ確認するというスタイルが定着してるようだが、危険じゃなかろうか。 例え … Read more

カテゴリー: IT学習ツール | コメントする

政治の起源

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

フランシス・フクヤマが3年前に出版し、話題になった本である。国連英検特A級の面接で役に立つのは勿論のこと、現代の政治の動きを分析する上でも必読書であるといえる。本書を読むことで中国には中華人民共和国憲法はあるものの、なぜ … Read more

カテゴリー: books, 国連英検特A級 | コメントする

フラッシュボーイズ 巧妙なトリック

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

株の世界で勝っている個人投資家は全体の10%程度だと言われています。多くの人間はトータルでは負けているのです。 これだけ複雑な世の中ですから、どこかの国でクーデターでも起きれば株価は簡単に変わります。絶対に儲かるという保 … Read more

カテゴリー: books | コメントする

新たな季節

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

春の足音が聞こえます。 塾の10階のベランダからは高く聳え立つ高島屋の姿が見えますが、晴天のせいか、いつもより力強く輝いているようにみえます。 3月は新たな門出となる季節ですが、私は4月5日まで開催中の春期講習を頑張りた … Read more

カテゴリー: ごあいさつ | コメントする

ダウングレードのすすめ

投稿日: 作成者: hiroki-lexis
eikenbooks

英検の5級、4級、3級、準2級、2級は合格ラインが6割です。 これは何を意味するかというと、4割も間違えても合格証をくれるということです。半分ちょっとで合格です。おそらく英語学習をスタートさせたばかりの人のやる気を削がな … Read more

カテゴリー: 英語のトリビア | コメントする

カク・ミチオが描く未来の精神世界

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

Suppose a doctor could manipulate your nerve cells, what would happen to your mind? Suppose your dreams were u … Read more

カテゴリー: books | コメントする

座右の徒然草

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

ビートたけし曰く、 勉強するから、何をしたいか分かる。 勉強しないから、何をしたいかわからない。 慶應の入試は面白いもので、試験に国語がない。あったとしても小論文なので「古典は無視していい」という大学側からのメッセージだ … Read more

カテゴリー: 徒然草 | コメントする

最高の勉強法は人に教えてみること

投稿日: 作成者: hiroki-lexis
与えよ

教える仕事をしてから気づいたことがある。 それは生徒より教師のほうが授業内容を鮮明に覚えていることだ。生徒の勉強の得手不得手にかかわらずだ。 実は勉強というのは、板書をノートにしっかり書き写してても内容があまり頭に残らな … Read more

カテゴリー: 徒然草 | コメントする

捨てる技術と未練を持たない技術

投稿日: 作成者: hiroki-lexis

「集中力とは捨てる技術だ」とどこかで読んだことがある。 周囲の雑音をシャットアウトすることで自分だけの世界を作り出す。周りの些細な情報に対して未練を持たないのだ。そのような状況を作り出せる人は勝負事で本当に強い。小さなこ … Read more

カテゴリー: 徒然草 | コメントする