明けましておめでとうございます

Happy-New-Year_-Inscription-2014-Image-3新宿に塾を作ると決めたのが2013年の夏。

あれから半年が経ったが非常に早く感じた。3歳児にとっての1年は人生の3分の1に相当するので多くのことを経験するはずである。ところが20歳の成人だと、1年はこれまでの人生の20分の1でしかない。90歳なら90分の1である。歳とともに時間の経過がはやく感じられるのは、すでに人生でいろいろ経験してしまってるからかもしれない。

歳月人を待たず。少年老い易く学成り難し。
年齢とともにこの言葉の重みを感じるようになった。時間は電気と同じでためておくことが出来ない。後回しにすると人間は絶対にやらないし、取り戻すのに3倍の労力がいる。林先生の「いつやるか?今でしょ」が流行ったのも頷ける。すぐにやるのは苦しいことだが、後に回すとさらに苦しい。

私は代表として体を壊さない程度に「今を大事にし、すぐにやる」を心掛けていきたい。

 

 


カテゴリー: ごあいさつ パーマリンク