色は戦略。マーカーは使うべし。

文法書、単語帳、辞書、これらはマーカーで重要な箇所を塗るべきだ。マーカーで色を塗ることで、復習が大幅にスピードアップするのだ。

unnamed1

 

 

 

 

 

 

 

 

unnamed4

 

 

 

 

 

 

 

 

 

unnamed2

 

 

 

 

 

 

 

 

写真は最所フミの英語類義語活用辞典。ツイッターで話題になり、文庫本で復刊されたが、読みやすいのはこちらの縦長のビニールカバーのものである。

 

unnamed3写真で見てわかるとおり、マーカーで大事なところを塗っておけばそこの箇所だけ読み直すことで復習はすぐに終わる。しかし、何も塗っていないと、復習のときに全文読みなおしになる。読み終わってから数週間なら内容を覚えてられるかもしれないが、1年後は相当あやしいはず。本を開いたときのストレスは100倍になる。付箋はどうかというと、貼りすぎるとページを開くときにサボテンのようにチクチクするのであまりお勧めしない。本当に重要なとこだけ厳選して貼るくらいでちょうどいい。

ところで、テレビに出てくるクイズ王やIT社長は「全部大事なんだからマーカーなんか塗らなくてもいい」と主張してるが、彼らはもともと記憶力がいいのかもしれない。普通の人が真似してうまくいくとは思えない。私を含め、覚えるのが苦手な人はとにかく道具で工夫してみることだ。わずかな工夫で時間を節約できる

教科書や絶版本など、1冊しか手に入らないもので色を塗るのをためらうなら、全ページコピーすればいい。とにかくマーカーで塗り、余白に大事な情報を書き足したり、汚すことで自分のものとなるのだ。


カテゴリー: 英語のトリビア パーマリンク